V-Ray Benchmark

V-Ray Benchmarkは CPU および CUDA 対応 GPU の両方を使用して、お使いのシステムがどれくらい早くV-Rayシーンをレダンダリングできるのかを測定するアプリケーションです。

V-Ray Benchmarkは単独で動作するアプリケーションで3DアプリケーションやV-Rayのライセンスは必要としません。またBenchmark自体インストールも不要です。V-Ray Benchmarkに含まれる共通のサンプルシーンを使用してレンダリング時間を測定する事ができます。

測定結果はシステム詳細を含めてChaosGroupのベンチマークサイトに送信し、他のベンチマーク結果と比較する事ができます。このベンチマーク結果を使って、レンダリングマシンをアップグレードする目安をつける事ができます。

  • CPU / GPU[※] のベンチマーク (※CUDA/OpenCL対応GPUのみ)
  • ベンチマーク結果は ChaosGroupのベンチマークサイト https://benchmark.chaosgroup.com/ に送信する事ができます。
  • 世界中からのベンチマーク結果を元に、レンダリングシステムのアップグレードを見積もる事ができます。
  • Windows (Windows 7, 8, 10)、 Linux (6.2 WS, Fedora 14, CentOS 6.2 以降), OSX (10.8.5 以降)に対応
  • 利用にV-RayのライセンスやV-Rayの別途インストールは不要です。
GPUのベンチマークには、少なくとも2048 MBのRAMを搭載したハードウェアが必要です。この要件が満たされない限り、GPUベンチマークオプションは利用できません。

ご利用の前にV-Ray Benchmarkの動作システム条件をご確認ください。

まずこちらを参考にChaosGroup.com のアカウントを作成してください。(無料でどなたでも作成できます)

次に、以下をクリックしてChaosGroupアカウントからベンチマークアプリケーションをダウンロードしてください。V-Ray Benchmarkは単独のプログラムでダブルクリックするだけで実行する事ができます。V-Rayのライセンスは必要としません

ダウンロードページでは以下のように見えます

ベストの結果を得るには、ベンチマークソフトを開始する前にシステムリソース(CPU、メモリ)を消費している他のアプリケーション(WEBブラウザや3Dアプリケーション、画像編集ソフト等)を終了してください。

ベンチマークソフトはインストール不要です。配置する場所も任意で構いません(ネットワークドライブやUSBメモリから起動しても構いません) ベンチマークソフトをダブルクリックすると起動します。エンドユーザーの為の規約を許可(Agree)をクリックするとベンチマークソフトがロードされます。

CPU と GPU 両方のベンチマークを開始するには、初期設定で単に Start ボタンを押すだけです。最初にCPUを計算し、次にGPUで計算を行います。

Start ボタンの下にある CPU or GPU ボタンをクリックする事でどちらかの計算無効にする事ができます。


V-Rayベンチマークはコマンドラインインターフェイス上でも使用でき、レンダーファーム等のモニタが接続されていないマシン環境でもベンチマークを行う事ができます。システムコンソール(または端末)を使用してOS固有のアプリケーションの場所に移動し、ベンチマークアプリケーションを実行します。

V-Ray Benchmark Windows版は GUI版とコマンドライン版2つの実行ファイルが同梱されています。

Linuxと OS X では1つの実行ファイルでGUIとコマンドラインベンチマークを実行できます。

V-Ray Benchmark のコマンドラインフラグ:

オプションオプションのエイリアス機能コマンド例
–quiet -q EULAに同意し、インストーラの出力を隠します。vraybench_1.0.7_win_x64-cli.exe –quiet
–mode=MODE -m MODE レンダリングモードを選択します。MODEは cpu, gpu, all を指定できます。vraybench_1.0.7_win_x64-cli.exe –mode=all
–dump -d レンダリングの詳細(デバッグ用)の情報を出力しますvraybench_1.0.7_win_x64-cli.exe –mode=cpu –dump
–version -v V-Ray Benchmarkのバージョンを出力しますvraybench_1.0.7_win_x64-cli.exe –version
–help -h コマンドラインスイッチのリストを表示します。vraybench_1.0.7_win_x64-cli.exe –help

コマンドラインインターフェイス版のV-Ray Benchmarkを実行するには、レンダリングモードを指定するか、ファイルを実行します(この場合ALLモードが自動的に実行されます)。まずエンドユーザーライセンス契約に同意するよう促されます。その後ベンチマークが開始されます。複数のフラグを同時に使用できる点にに注意してください。

LinuxとOS X版では フラグ無しで実行すると強制的にGUIモードでベンチマークが起動します。GUI無しでベンチマークを実行するにはコンソールからレンダリングモードのフラグを指定して実行してください。

コマンドライン実行の例:

Windows:

vraybench_1.0.7_win_x64-cli.exe --mode=all

Mac OS X:

$ hdiutil attach vraybench_1.0.7_osx_x64.dmg
$ cd /Volumes/V-Ray\ Benchmark/V-Ray\ Benchmark.app/Contents/MacOS/
$ ./V-Ray\ Benchmark --mode=all

Linux:

$ ./vraybench_1.0.7_lin_x64 --mode=all

ベンチマーク結果は、CPU / GPU それぞれ「時間:秒」で表示されます。時間が短い程高速なシステムである事を示します。

ウィンドウ底部にある “Submit Results” ボタンを押すと http://benchmark.chaosgroup.com に自分のベンチマーク結果を送信する事ができます。

なお送信にはChaosGroup.comのアカウントが必要です。“Submit Results” ボタンを押すとChaosGroup.comのログイン画面が出ますのでログインして送信を完了してください。

送信が完了すると、ベンチマークリストにあなたの結果が表示されます。

ベンチマークソフトに戻って “successfully submitted” の表示が出ていればレポートの送信が完了しています。

“Restart” ボタンを押すとベンチマークを再度実行する事ができます。