V-Ray Maya PLE の機能制限比較

現在Chaos Groupは、さまざまなテスト、学習、および開発要件に対処するために、4つの異なるタイプの無料および割引ライセンスを提供しています。次の表は、これら3つのタイプのライセンスの内容を比較しています:

特徴V-Ray for Maya PLEV-RayCollection評価版V-RayCollection教員版V-RayCollection教育版
対象3D CGおよびレンダリングを学んでいるアーティスト。

スキルを向上させるためにより多くの学習を必要とするアーティスト。
Chaos社製品のすべての機能を一定期間テストしたい全てのアーティスト。Chaos社製品を学校で教える教員Chaos社製品を必要とする学生および、教育期間
ライセンス期間90日 (更新可能)30日(1回限り)1年1年
価格無償無償無償有料
ライセンス資格だれでもだれでも公的教育機関に所属する教員学生、教育期間
テクニカルサポートなしなしなし含まれます
ライセンス数1ライセンス1ライセンス1ライセンス1ライセンスもしくは教室単位
レンダーノードライセンス1ライセンス1ライセンス1ライセンス1ライセンスもしくは教室単位
機能制限以下の制限があります:
・最大解像度 4K (3840 x 2160)
・ディストリビュートレンダリング不可
・vrscene出力不可
・V-Ray Standalone利用不可
・バッチレンダリング不可
・V-Ray SDK利用不可
・V-Ray AppSDK利用不可
・Zipインストール不可
・VRScan利用不可
・MayaシーンにPLEの記述があります。
制限無し制限無し制限なし
  • 最終更新: 2022/05/23 10:56
  • by oakcorp