V-Ray Cloud でレンダリング

V-Ray CLOUDは現在ベータテスト中です。価格等はまだ決まっておりません。

“V-Ray Cloud”は、ChaosGroupの高速なクラウドサーバーでレンダリングを処理できる有償のサービスです。

V-Ray Cloudへのレンダリングジョブの送信は V-Ray Nextの各アプリケーションから簡単に行う事ができます。

V-Ray Cloudを使用するには「V-Ray Cloud クライアント・アプリケーション」をインストールする必要があります。詳細については「V-Ray Cloud クライアントのインストール」ページを参照してください。
一度送信したJOBの別バージョンを送信すると、そのアップロードは初回のJOBアップロードよりもずっと速くなります。 V-Rayクラウドはすべての新しいジョブを既存のジョブと比較し、一致するものがあればクライアントアプリケーションは変更のみをアップロードします。これは、1つのシーンを反復レンダリングを行う場合に役立ちます。

V-Ray Cloud が統合されているプラットフォーム(3ds Max [Next]、Maya [Next]、SketchUp [3.60以降]、Rhino [3.60以降]、Revit [3.60以降]、またはModo [3.60以降])では1クリックで簡単にV-Ray CLOUDへJOBを送信できます。送信ボタンへのアクセスは以下の各アプリケーションの解説を参照してください。

V-RayCloudにはスタンドアローンのCLOUD UIやV-Rayクラウドアプリケーション(コマンドラインインターフェイス)を使用してJOB(vrscene)を送信することもできます。詳細は「直接vrsceneを送信する」ページを参照してください。

V-Ray for CINEMA 4D等、まだアプリケーション画面からのV-Ray CLOUD送信に対応していないアプリケーションでも、vrscene が出力できればV-Ray CLOUDを利用できます。