完全オフラインマシンでのChaos Groupライセンス認証

Chaos Group License Server 5.2.1 より 1年間(365日)のライセンス借用(Borrow)が利用可能となりました。

完全にインターネットに接続できない環境でも1年に一回認証作業を行う事で、完全なオフライン環境でChaos Group製品をご利用いただけます。

以下に「完全にインターネットに接続できない環境」での認証方法を解説します:

作業には以下のマシンが必要となります。

  • Chaos Groupライセンスサーバーとなるマシン
  • WEBブラウズできる端末 (スマートフォン等)、LANに接続されている必要はありません。
  • 実際に製品(VRay,Phoenix FD)を使用するマシン(ライセンスサーバーマシンと兼用できます)

ライセンスサーバーとなるPCにChaos Groupのライセンスサーバープログラム (License Server 5.2.1以降)をダウンロードしてインストールします。

インストール後、ブラウザでライセンスサーバー管理画面(以下)にアクセスします。

http://localhost:30304/

ライセンスサーバー管理画面にアクセスすると、パソコンがインターネットにアクセスできないので、以下のような“Offline Activation”画面が表示されます。(この画面は http://localhost:30304/#/offline-activation でも直接開けます)

DOWNLOADのタブで、オフライン認証リクエストファイル(cert.csr)を保存します。

保存したオフライン認証リクエストファイル(cert.csr)を、WEBブラウズできる端末 (スマートフォン等でも可)にコピーします。


WEBブラウズできる端末 (スマートフォン等)で以下にアクセスし、ライセンスを持つ chaosgroup.comアカウントでログインします。

https://my.chaosgroup.com/

LICENSE SERVERSのタブで “Activate License Server”ボタン をクリックします。

サーバーの名前を決定します。(あとで判別する為の名前なので正確である必要はありません)

Uplaod Activation Request File タブで cert.csr をドラッグ&ドロップしてアップロードしActivateします。

認証ファイル(cert.crt) がダウンロードできますのでダウンロードします。

ダウンロードした cert.crt をライセンスサーバーマシンにコピーします。


http://localhost:30304/#/offline-activation の UPLOAD タブで、ダウンロードしたcert.crt をドラッグ&ドロップしてアップデートします。問題なければ認証完了です。

上記でサーバーの認証は完了しました。次にライセンスの借用(Borrow)処理を実行します。


WEBブラウズできる端末 (スマートフォン等)で以下にアクセスし、ライセンスを持つ chaosgroup.comアカウントでログインします。

https://my.chaosgroup.com/

License Serverのタブで登録されたサーバーを選択します。

登録されたサーバーの“Borrowed Licenses”を実行します。

借用するライセンスを数量を設定し Previw を実行します。

よければ、BORROW (借用)を実行します。

借用したライセンスの有効期限が表示されます。(デフォルトで1年[365日]、それ未満の期限のライセンスは期限日まで)
“Download Offline License File”ボタンから “offline.bin”をダウンロードできます。

ダウンロードした“offline.bin”をライセンスサーバーマシンにコピーします。


ライセンスサーバーマシンにて以下のリンクにアクセスします。

http://localhost:30304/#/borrow-offline
※Online Licesing メニュー » Use license offlineからでもアクセスできます。

ダウンロードした“offline.bin”をドラッグ&ドロップして、UPLOADします。

借用したライセンスの詳細と期限が表示され、ライセンスの借用(Borrow)が完了です。

Topページ http://localhost:30304/#/ にアクセスすると以下のようにライセンスサーバーがライセンスしている製品のバナーが表示されます。バナーをクリックするとライセンスの使用状況をモニタできます。

以上でライセンスサーバーから製品ライセンスを利用可能な状態になりました。


実際にV-RayやPhoenix FDを使用するクライアントPCは、上記を行ったライセンスサーバーマシンとLANで接続する事でライセンスを利用できます。(フローティングライセンス)

クライアントPCにV-RayやPhoenix FDをインストールし、インストーラーに同梱されている、ライセンスサーバーの参照先指定プログラム(setvrlservice.exe)を実行します。

Primary license server にライセンスサーバーマシンのホスト名もしくはIPアドレスを入力してOKを押します。

以上で、V-Ray実行時にV-RayはPrimary license server からライセンスを参照して起動・実行されます。


  • 1年後にライセンスがきれた場合は、同じ手順でオフライン借用します。