直接vrsceneを送信する

V-Ray CLOUDには次の4つの方法で直接JOB(vrscene)ファイルを送信できます。

  • WEBインターフェースから
  • コンテキストメニューから(Windowsのみ)
  • コマンドラインから

なお、予めシーンをホストプラットフォームから.vrsceneファイルとしてエクスポートする必要があります。

一度送信したJOBの別バージョンを送信すると、そのアップロードは初回のJOBアップロードよりもずっと速くなります。 V-Rayクラウドはすべての新しいジョブを既存のジョブと比較し、一致するものがあればクライアントアプリケーションは変更のみをアップロードします。これは、1つのシーンを反復レンダリングを行う場合に役立ちます。

V-Ray CLOUDに vrscene を送信する際に、vrsceneに記述されているリソースファイル(ビットマップファイルやキャッシュ)も一緒にアップロードされます。.vrsceneファイルをメモ帳等のテキストエディタで開くと以下のようにfile=としてテクスチャーへのパスが記述されていますので、必ずこの場所にファイルが存在してアクセスできる事を確かめてください。

BitmapBuffer BitmapBufferB_Sha1FD3590EB00_PTexLayered_texAColorDifCol_T0_Sha1FD3590EB00_0_Obj_1 {
  filter_type=1;
  filter_blur=1;
  color_space=1;
  gamma=1;
  allow_negative_colors=0;
  interpolation=0;
  frame_number=0;
  frame_offset=0;
  file="E:\temp\IMG_1798.JPG"; << テクスチャーの場所
  load_file=1;
  frame_sequence=0;
  use_data_window=1;
}

まず予め CHAOS GROUP Cloud クライアントアプリケーション をインストールしておきます。

V-Ray Cloud クライアントアプリケーションは初期設定で以下の場所にインストールされます。

Windows デフォルトインストール先 %appdata%\Chaos Group\V-Ray\V-Ray Cloud Client\vcloud.exe
(C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Chaos Group\Cloud\Client\ccloud.exe)
Mac OS X デフォルトインストール先 /Applications/ChaosGroup/Cloud\Client/cscloud
Linux デフォルトインストール先 $HOME/.ChaosGroup/vcloud/client/ccloud.bin

上記場所のV-Ray Cloud クライアントアプリケーション (Windowsではccloud.exe、Mac/Linuxではccloud)をダブルクリックして実行します。

CHAOS Cloud クライアントアプリケーションが起動し自動的にWEBブラウザが起動してWEBインターフェースが開きます。(http://localhost:58232/ を開きます)

下部にフォルダやファイルが表示されるので vrscene ファイルを探してください。[..]をクリックすると1つ上のフォルダに移動します。ドライブを移動するにはパスに D:\ のように入力してください。パスの右側にあるアイコンで一覧表示とリスト表示を切り替える事ができます。

.vrscene ファイルは青いアイコンで表示されます。選択すると Submit Job ウィンドウが表示され、JOBを送信できます。Submit Job ウィンドウの詳細は3dsMaxページを参照してください]

Windows環境でCHAOS Cloud クライアントアプリケーションをインストールすると拡張子が .vrscene となっているファイルにCHAOS Cloud クライアントアプリケーションとの関連付けが行われます。

.vrscene ファイルを右クリックして“Upload to CHAOS Cloud”を選択すると、Submit Job ウィンドウが表示され、JOBを送信できます。[Submit Job ウィンドウの詳細は3dsMaxページを参照してください]

まず予め CHAOS GROUP Cloud クライアントアプリケーション をインストールしておきます。

V-Ray Cloud クライアントアプリケーションの実行ファイルは初期設定で以下の場所にインストールされます。

Windows デフォルトインストール先 %appdata%\Chaos Group\Cloud\Client\ccloud.exe
(C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Chaos Group\Cloud\Client\ccloud.exe)
Mac OS X デフォルトインストール先 /Applications/ChaosGroup/Cloud\Client/cscloud
Linux デフォルトインストール先 $HOME/.ChaosGroup/vcloud/client/ccloud.bin

コマンドラインのカレントフォルダを上記実行ファイルのあるフォルダに移動します。(もしくはフルパスで実行してください。)

コマンドラインからJOB (vrscene) を送信するにはccloudまたはccloud.exeで次のコマンドを実行します。

ccloud job submit --sceneFile=".vrsceneのパス"

このコマンドは CHAOS Cloudのインターフェースからデフォルトプロジェクトとしてプロジェクトを選択した場合にのみ機能します。もしそうでなければ、次のコマンドを追加して正確なプロジェクト名も指定する必要があります:

ccloud job submit --sceneFile=".vrsceneのパス" --project="Chaos Cloud Project名"

コマンドラインインターフェイスには様々なオプションが用意されています。コマンドラインオプションのの完全なリストについては、「コマンドラインからChaos Cloudレンダージョブの管理」を参照するか、ccloudまたはccloud.exe を help オプションをつけて実行してください。